JYJのジュンス、TV番組に出演出来ない事への率直な思いを語る

(写真:C-JeS)


JYJのジュンスが、TV番組への出演ついて語っています。

先月、義務警察の服務を終え除隊したジュンスは12月2日、蚕室室内体育館でコンサート”WAYBACK XIA”を開催しました。

ジュンスは同日、テレビ番組に出演出来ないことへの率直な思いを語りました。

ジュンス:

「テレビ番組で活動をしなくなって7∼8年になる。軍隊に行ってたから、(+2年で) 9年間露出がない。テレビ番組に出演しないのに芸能人と呼ばれるのが正しいのかアルバムを出しても放送で一度も歌えない。(この状況を)続けて行って良いのかと思った。裁判で勝訴したにもかかわらず、こんなに長く出演できないとは思わなかった」





東方神起を脱退したジュンスは2010年に、パク・ユチョン、ジェジュンと共にJYJを結成しアルバムをリリース。ところが、元事務所SMエンターテインメントとの確執により、テレビ番組に出演出来ずにいました。

その事態を受けて、2015年11月末に、特定の芸能人の番組出演を妨害することを防止する放送法(いわゆるJYJ法)が国会を通過しましたが、事態は思うように好転しませんでした。

ジュンス:

「一般の人は、(私が)番組に出演出来ないなんて知らない。私の知人たちも(知らない)。番組に出たくないから、出ないと思っている。少なくとも歌を発売した時は、2度、音楽番組で歌いたい。1位なんて望んでいない、だけどそれが本当に難しい」




ジュンス:

「(入隊中の)ある日、テレビを見ていたら、ある俳優がブラックリスト入りし10年間番組出演できなかったが、政権交代により出演出来るようになったと知った。自分にも、そんな日が来るかなと思い、その日たくさん泣いた。」

「入隊した後、自尊心が低下していたからそんな感じになった。番組に出る全ての人達を羨ましく思っていた」

「それでも多くを学び、強くなった。強くなったからこそ、(この一連の話が)できる。皆さんは、私のために争わないでいいです。公演に来たら、楽しんで、歌で交流して面白い話も披露し続けます」

(ソース:1)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です