Secret出身のヒョソン、元事務所TSエンタとの訴訟に勝訴


Secret出身のヒョソンが、元所属事務所を相手取り起こした裁判で勝訴しています。

11月14日午前、ソウル西部地裁で開かれた公判。裁判所は「双方が2015年に結んだ専属契約の効力が存在しないことを確認する。被告(TSエンタ)は原告(ヒョソン)に未払いの契約金と精算金などを含めた1億3000万ウォンを支給せよ」と命じました。

ヒョソンは昨年9月、「出演料などがきちんと精算されておらず、本人の意思とは関係なくマネージメント権限が譲渡された」とし、元所属事務所TSエンターテインメントを相手取り、専属契約無効を求め訴訟を起こしていました。

(ソース:1)





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です