in

IZOneのカン・ヘウォン、”進撃の巨人”宣伝し批判 – 作者の過去の発言が問題視される


IZONEカン・ヘウォンが、”進撃の巨人“を宣伝し批判されています。

IZONEが10月30日放送のJTBC「アイドルルーム」に登場。同日、自己紹介の場面で、メンバーのカン・ヘウォンは「私はアニメが好き。”進撃の巨人”シーズン3が出るので、たくさん見てほしい」と発言。

放送後、この発言を巡ってネット上で議論に。
オンライン・コミュニティには、「進撃の巨人」作者である諫山創氏の過去のツイートが引用。ネットユーザーらは、”右翼”作家の漫画を広報したと反発しています。





一方、IZONEに対して提起されていた「公営放送への出演禁止」を求める国民請願。現在までに、2万6131人が署名しています。

(ソース:1, 2)





guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments