ク・ハラの元彼氏側「動画で脅迫する意図は全くなかった」


性的な内容のプライベート動画でハラ脅していたと報じられた元彼氏のA氏。その弁護士が、メディアとのインタビューに応じています。

スターニュースは10月4日、A氏の法律代理人を務めるクァク・ジュノ弁護士との電話インタビューの内容を掲載。A氏側は、脅迫疑惑を否定しています。

クァク・ジュノ弁護士:
「Aさんに動画を通じて、ク・ハラを脅迫する意図は全くなかった」

「A氏本人に確認した結果、動画はク・ハラが直接撮ったもの。A氏は動画を撮って欲しいとの求めに”どうして?”と答えたが、結局、動画を撮ることになった」

(写真:元彼氏のA氏)


クァク・ジュノ弁護士:
「2人のプライベートな事なので、動画を直接確認していない。この動画は絶対に流布されない。A氏がメッセージを通じて、ク・ハラに送った以外、どこにも流布されたりしていない」





クァク・ジュノ弁護士:
「ク・ハラはA氏が脅迫目的で、映像を送ったと受け取るのは誤り。私もA氏も動画に直接言及したことは一度もない。芸能人の特性上、被害がこれ以上拡大することを望まなかっため」

「A氏によると、彼はこの映像を、1つの大切な思い出として、ク・ハラに送った。この映像が公開された場合、ク・ハラだけでなく、A氏も被害を受ける。それなのに、なぜ流布しようとするか」

クァク・ジュノ弁護士:
「A氏とハラは、お互い告訴した状態で対立しているが、和解する可能性は完全に無くなったわけではない」

(ソース:1)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です