AKBの秋元康P、BTSの日本シングル”Bird”の作詞を担当へ


AKBの秋元康氏が、BTSの日本語曲の作詞を担当する事が明らかになっています。

9月13日、各種日本メディアによると、防弾少年団は11月7日に、日本で新しいシングル”Bird/FAKE LOVE/Airplane pt.2“をリリースする。このうち、タイトル曲”Bird”の作詞を、AKB48総括プロデューサーの秋元康氏が引き受ける予定とのこと。

2組のコラボレーションは、BTS事務所のパン・シヒョク代表のオファーを通じて実現したと伝えられています。

(ソース:1)





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です