[Produce48最終回] 宮脇咲良「イ・チェヨンと一緒にデビューしたい」- 祈る姿がファンカムに捉えられる


宮脇咲良が”プデュ48″最終回で、イ・チェヨンへの友情を示しています。

デビュー・グループIZONEのメンバー12名が決定した”プロデュース48″最終回。8月31日に生放送されたファイナル、MCのイ・スンギは、12位の発表を最後に残し11位から発表をスタートしました。





12位以外の発表を終えたイ・スンギは、2位になりデビューすることになった宮脇咲良に、「今、思い出される人は誰ですか?」と質問。

これに、それまで爽やかな笑顔だった宮脇咲良は、涙を溜めながら「チェヨン、いつも支えてくれありがとう。一緒にデビューしたい」と、チェヨンの方を見つめながら語りかけます。


その後、12位の練習生発表の場面、ファンカム映像には両手を合わせ祈る宮脇咲良の姿が捉えられています。


結果、12位に滑り込んだイ・チェヨン。宮脇咲良は一緒にデビューすることになった友人を笑顔で迎えています。

(ソース:1)





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です