JYPエンタの時価総額、初めて1兆ウォン突破 – 業界1位のSMエンタに匹敵


JYP株が、好調のようです。

JYPエンターテインメントは8月22日午前、時価総額が1兆ウォンを突破。過去1年6ヵ月間に約6倍以上の急成長を見せたJYP株。そのけん引役は、所属アーティストのTWICEやGOT7の活躍, Stray Kidsの成長への期待と見られています。





2001年8月30日に、コスダックに上場したJYPはそれから17年後、時価総額1兆を突破し、時価総額1兆409億ウォンで業界1位のSMエンターテインメントと肩を並べる会社に成長。現在、業界の時価総額では、SMとJYPの2強体制の状況。

今後について、アナリストは、TWICEの日本ツアー, ボーイズグループ”ボーイストーリー“の中国デビュー, 新社屋の移転効果などをポジティブに捉え、しばらく上昇トレンドは継続するとの見通しを示してます。

(ソース:1)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です