[Produce48 ep.4] ハン・チョウォン, 千葉恵里の2組が”Boombayah”対決を制す


7月6日放送の「Produce48」では、“Boombayah”グループ対決に挑むハン・チョウォンのグループの練習過程が描かれました。

本番に向けて、リーダー&センターのハン・チョウォン(Cube)はチームを引っ張ろうとしますが、「はがゆかった」と思うように行かない様子


特に、メンバーの千葉恵里佐藤美波の2人は、練習に乗り気ではなく半ば諦め状態。

チョウォンカン・ヘウォン, 浅井七海が、そんな2人を練習に参加させようとしますが…..


千葉恵里「韓国のラップはすごい難しくて、テンポも速いので…」、佐藤美波「なかなかやる気が出なくて…」


ボーカル・トレーニングの授業、一小節もまともに歌えない2人に –

ラップ・トレーナーのCheetah「何を見ればいいの? 言語の問題じゃないと思う」

ソユも同調し「やりたくないの? 曲が嫌なの?」と尋ねますが、頷きもしない2人に –ソユ「授業を受けたくなければ、出て行って!」


その後、練習生のカン・ヘウォンもラップに手こずる姿を見たソユは、「私たちは審査員ではない。あなたたちを助けるためにいる。素晴らしいステージを作るために、手助けする存在」

ラップ・トレーナーのCheetah「楽しくなるようなマインドにしよう」と、「わー楽しい!」と鼓舞します。


練習室に戻り、チョウォンはメンバー達に「正直、私たちがやりたい曲ばかり、できるわけではない。やむを得ない。私たちが”どんでん返し”を見せることが出来たらいいよね」

千葉「まだ頑張りが足りない。グループの力あわせて、もっと頑張って行きたい」と気を引き締めます。


グループ・バトル当日、トレーナーからは「(チョウォンの)2組が勝ちそう」との声も聞かれる中、バトルを制したのは弱小チームと見られていた2組





チョウォン「信じられない。生れて初めて嬉しくて泣いた。(チームのみんなが)諦めずに、最後までやってくれて、本当にありがたく思っている」と涙しています。

(ソース:1)





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です