ロッテ、BlackPinkのステージを強制中断したことを謝罪


ロッテ主催のイベントで、BlackPinkのステージが強制中断させられた件について、ロッテが謝罪文を投稿しています。

BlackPinkは6月22日、「2018ロッテファミリーコンサート」に参加しましたが、ステージが強制中断させられる事態が起きていました。

ロッテは23日、Instagramを通じて謝罪。

こんにちは、ロッテ免税店ファミリーコンサート運営事務局です。

6/22(金)のファミリーコンサートにて、BlackPinkのオープニング公演中、観客の安全上の理由により公演が一時的にストップした事について、深く謝罪致します。

運営事務局は、観客の安全を最優先と判断し、BlackPinkの3番目の曲”Forever Young”のステージを急きょ中断することになりました。




その後、BlackPinkは予定されたステージを再開できず、残念なことに、ファミリーコンサートの現場を離れざるを得ませんでした。

これに対して、私ども運営事務局は、暑さにもかかわらず、公演に駆け付けてくれた多くの観客の皆さんとブラックピンクのファン、ステージを準備していたブラックピンクに、再度謝罪の言葉をお伝えします。

2018年6月23日
ロッテ免税店ファミリーコンサート運営事務局





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です