in

ドゥジュン(Highlight)の事務所、出入国に関する新たなコメントを発表


先日、ユン・ドゥジュン(HIGHLIGHT)の海外日程参加キャンセルが発表された際、”兵役法の改正”が理由として挙げられていました。


これについて事務所が、「混乱させた」とし新たなコメントを発表。Around Usエンターテインメントは6月8日、メディア向けの資料を通じて「前日、公式HPの告知文により、多くのファンの方々を混乱させて申し訳ありません」

ユン・ドゥジュンは以前、膝の負傷などで軍入隊を延期しています。これに関連し、最近、(兵役法の改正により)軍入隊延期対象者の海外出入国審査の基準が強化された。そのため、海外出入国が難しくなりました」

「改正案自体が、ドゥジュンの海外出入国の不可とは直接的な関係がないことをお知らせいたします」





一方、兵務庁も報道資料を通じて、コメントを発表しています。

兵務庁「5月29日付けで改正・施行された海外旅行許可に関する規定は、入隊の遅延手段として悪用の可能性が高かった”短期海外旅行の許可”基準などを補完したもの」

「短期海外旅行の許可は、25歳~27歳(博士課程在学などの事由による入隊延期者などは28歳まで)が許可対象です。現在、29歳のユン・ドゥジュンは、今回の海外旅行の許可規定改正により、出国が困難になったという報道内容は事実と違います」

(分かりづらい説明になっていますが、”ドゥジュンの場合、改正前でも短期海外旅行を目的とした海外への出国は不可であった”との意味だと思われます。)

(ソース:1, 2)





guest
0 コメント
Inline Feedbacks
全て見る