パク・ジニョンはカルト”救援派”の信者? – セウォル号に関係する教団


5月2日、Dispatchパク・ジニョンとカルト教団”救援派“との関係を指摘する記事を掲載しています。(救援派は、韓国キリスト教主流派から異端扱いされたカルト。沈没したセウォル号のオーナーが同教会関係者)

記事によると、パク・ジニョンがこの3月、7日間に渡って、救援派(キリスト教福音浸礼会)伝道集会を主導。この集会には、俳優のペ・ヨンジュンも参加。

パク・ジニョンと”救援派“との関係が指摘されたのは、今回が初めてではありません。

セウォル号が沈没した2014年4月当時、パク・ジニョンがセウォル号のオーナーであるユ・ビョンオン(救援派信者)と姪の関係であることから、同教団との関係が疑われていました。ユ・ビョンオンは、救援派の教祖コン・シンチャンの義理の息子。

これに対して、パク・ジニョンは、Twitterを通じて否定。

「”私の妻が問題となった会社のオーナーたちと親戚ということ以上の関係はない」「私は過去数年間、多くの宗教を勉強してみたものの、依然として無宗教です。”(2014年4月28日」


しかしながら、Dispatchによると、パク・ジニョンは2012年から教団の信者だったよう。会合には、セウォル号を所有する清海鎮海運の持株会社の元代表ビョン・キチュンが参加。またパク・ジニョンの妻は、教団の集会を管理。

(ビョン・キチュンと、パク・ジニョンの義理の父であるユ・ビョンホは、背任や横領などで、それぞれ懲役3年と2年を言い渡されている。ビョン・キチュンは、宗教を利用し幅広くビジネスを展開している。)

Dispatchは最後に、パク・ジニョンにも信教の自由があるが、会合での話は、救援派教祖コン・シンチャンの論理に似ていたと指摘しています。

(ソース:1)





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です