ハン・イェスルを担当した医師、過失を認め謝罪


先日、医療事故の被害を訴える投稿を行ったハン・イェスル。その執刀医である教授が、過失を認め謝罪しています。

チャ病院のイ・ジヒョン教授が21日、医療博士ホン・ヘゴルのYouTubeチャンネルに登場し、問題の手術について説明しました。


イ・ジヒョン教授「脂肪腫がある所のすぐ上から手術をすれば、手術は遥かに容易です。ところが、患者が女優ということで、傷を最小限にするため、下から(手術を)した」

手術は、脂肪腫を剥離する方式で行われたとし、電気メスで肌を剥離する過程で事故(ミス)が起きたと説明。

手術当日にハン・イェスル側にミスを認めたとするイ・ジヒョン教授は、「判断を誤った。本当に申し訳なく思う。ハン・イェスルさんにも、もう1度お詫び申し上げる」

(ソース:1)





関連記事

  •  
  •  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です