ワナワンの事務所YMC「スタッフの弁当をファンに要求した事実はない」


Wanna One(ワナワン)のマネイジメントを担当するYMCが、「スタッフの弁当をファンに要求した」との主張を、否定しました。

YMCエンターテインメント関係者YMCが、ファンに弁当を要求したというのは事実ではない」とし、「当該書き込みを掲載したファン側が伝達ミスを認めた。書き込み内容が修正されると聞いている」

12日、ワナワンのファンカフェに「食事サポート緊急募金」とタイトルがつけられた書き込みが投稿。書き込み内容は、メンバーの弁当以外に、事務所側(YMC)からスタッフ100人分の弁当の追加の要請がされたとし、緊急の募金を求めるものでした。これに反発の声があがっていました。

YMCによると、事務所に連絡してきたファン側から、先に弁当の提供を提案。これを1度断ったとし、その後、再度電話で提案され、スタッフの人数を伝えたと説明しています。

(ソース:1)





関連記事

  •  
  •  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です