Lovelyzマネージャー、ファンを威嚇 – Woollimが謝罪


Lovelyzのマネージャーのファンへの言動について、所属事務所Woollimが謝罪する事態に至っています。

ファンのネット上の書き込みによると、問題が起きたのは、26日に行われたLovelyzのファンサイン会。Lovelyzのマネージャーが、男性ファンが睨んできたという理由で、そのファンをトイレへと連れ出す。そこでドアにカギをかけて、威嚇したというもの。

Woollimエンターテインメントが11月27日、ネット上の非難の声に対して声明を発表し、謝罪しました。

Woollim「2017年11月26日、Lovelyzのアルバム発売記念サイン会の現場で起きた、マネージャーに関係する残念な出来事に関して、お詫び申し上げます」

「該マネージャーが、ファンの方にした言動により、傷ついたすべての方々に謝罪します。 該当マネージャーは、過ちを認めており、これに対する責任を問い、相応の措置をとります。今後、このような事が二度と起きないように、努力します」

(ソース:1)





関連記事

  •  
  •  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です