Wanna Oneのミンヒョン -「以前は、親から一度もサインを頼まれたこと無かった」

minhyun ミンヒョン


3日、KBS2の「ハッピートゥゲザー(Happy Together)」にゲスト出演したWanna One
MCから「人気を実感しているか」と聞かれ、メンバーのミンヒョンが答えています。

これまでNU’ESTのメンバーとして活動してきたミンヒョン、6月に放送が終了した「プロデュース101 シーズン2」に出演、人気を高めています。

– 司会のユ・ジェソクが「人気を実感しているか」と質問、これに対してミンヒョンは以前の状況を説明

ミンヒョン:「6年間活動しているけど、親から、これまで一度もサインを頼まれたことは無かった。(逆に)僕からサインを渡していたんです、NU’ESTを宣伝するために」

(関連:Wanna Oneのダニエル、理想のタイプは「年下より年上」)

– でも最近では、状況が一転したとしています –

ミンヒョン:「最近では、僕はスマホを持っていないので、会社に電話を掛けてきて、サインを100枚お願いするんです。(親は)すごく喜んでいて、僕も嬉しかった」

(関連:Wanna One、デビュー曲が”Energetic”に決定+ペンタゴンのフイが作曲)

(ソース:1)





関連記事

  •  
  •  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です