in

Pledis「事実無根」、NU’ESTベクホに対する性的暴行の告発を受けて

nuest ベクホ


オンライン掲示板で、NU’ESTのカン・ドンホ(ベクホ)により性的暴行受けたとする告発に対して
所属するPledisエンターテイメントが、23日、声明を発表し、公式なスタンスを表明しました。
 

“こんにちは, Pledisエンターテイメントです

所属するカン・ドンホに関する誤った主張に対して、
私達の公式な立場を表明したいと思います

初めに、オンライン上で拡散されている話は、全て虚偽です。
オンライン上の事実と異なる投稿に対して、例外なく、強い法的措置を取るつもりです

カン・ドンホの無実を証明するために、
現在、プライバシーの侵害、虚偽の投稿、その拡散とその他で、訴訟の準備を進めています。

私達の所属アーティストを保護するため
前回の声明では、特定の内容に触れませんでした。

しかしながら、まったく誤った情報の広がりに歯止めが利かない状況で、
事実関係の訂正をしたいと考えています。

虚偽の投稿をした人物は、
カン・ドンホの知人であり(同じ地域出身の人物の妹)、家族同士面識があります。

カン・ドンホは、その知人から、カカオトークのメッセージを受け、
相手側が、性的暴行を受けたと驚くような主張しました。
これに対して、カン・ドンホは通話を求めました。

相手側は、音声での通話を拒否し、
カン・ドンホは状況について会社に報告をしてきました。

カン・ドンホは、注目を集めていた時期でしたので
状況を把握するまで、彼がその知人と接触することを制限しました。
なぜなら、発言によるマイナスの影響を危惧したためです。

これが、相手側とのコンタクトを拒否した理由です。

その後、カン・ドンホは、見知らぬ番号から電話を受けました、
その知人からの電話だと気づき、驚きました。

彼は発言に慎重になっていたため、”後で連絡する”以外の言葉を発しなかったのです。

一方的な主張を繰り返す相手に誰でも当惑するように、
カン・ドンホも当惑し、極めて短いな返答をし、電話を切りました。
 

にもかかわらず、彼が電話に出た事を、
あたかも彼女の主張を補完する1つの証拠であるかのように、伝えられ、拡散されています

再度強調します、私達は法的な措置を検討しており、
 
事実と異なる主張に対して、それに関わった人達に全責任を負うことを求めます
 

ありがとうございました”

Pledisエンターテイメント

(関連:女性がネット上で告白、 “NU’ESTカン・ドンホに性的暴行受けた”)

(関連:NU’ESTベクホを告発した女性の主張に、矛盾を指摘する声)

 

(ソース:1)





guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments