T-ARA、契約更新に失敗。最後のカムバックは4人だけ


最後のアルバムのリリースに向かっていたT-ARAでしたが、
残念ながら参加するのはメンバー4人のみとなりそうです。

ソヨンボラムMBKエンターテインメントとの契約更新の交渉が決裂した模様。

MBKエンターテインメントが声明を出しています。

“今月15日に契約が切れるソヨンとボラムはカムバックに参加しないことになった。
交渉の過程において、意見の不一致があった。”

さらに、延期が予想されるアルバムのリリース日について

“ソヨンとボラムの録音部分は使えなくなった。
残った4人でレコーディングし直さなければならないので、アルバムのリリース日を再度遅らせます。ハッキリとした日にちは、今のところ分かりませんが、 6月の下旬を予定しています。”

 

T-ARAの最後のアルバム”666″は5月17日にリリースされる予定でした。





関連記事

  •  
  •  

1個のコメント 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です