防弾少年団(BTS)メンバー、リーダーRMへの率直な思いを告白 [2018年 Prom Party]

防弾少年団


防弾少年団(BTS)が6月13日、ソウルにあるBlue Square i-Market Hallで、デビュー5周年を祝うファンミーティング「Prom Party (プロム・パーティー)」を開催。

メンバーは同日、リーダーRMに対して、率直に思いを告白しています。






シュガ「リーダーとして、大きな荷物を背負っている。いつもすまなく思ってるし、ありがたく思っている」。このスガの告白に、RM「慣れていない」と反応。

Vビルボード・ミュージック・アワードの時、RMがトイレに行っている間、多くのセレブが挨拶しに訪ねて来た。その度に緊張していた」





ジミン「時間を聞き間違えて、30分早く出た。ホテルの部屋までの距離がけっこうあって、その間に通りかかったアーティストたちが挨拶をしてきた。Khalidの時だけど、彼から話し掛けられる度に、兄さんが恋しかった」

これを聞いたジン「RMが会話が通じていないのを見て、(ジンに)最後の部分だけを真似しろと言っていた」と言い、笑を誘っていたそうです。

(ソース:1)





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です