セクハラ被害告白のヤン・イェウォン、公開されたカカオトークに反論


人気YouTuberのヤン・イェウォンが過去のセクハラ被害を告白した件で、その証言内容と異なった内容のカカオトークが公開され、話題になっていました。

SBSニュースは5月26日の放送の中で、ヤン・イェウォンとの電話取材の内容を公開しました。

ヤン・イェウォン「A室長が、”君の写真を持っている。ちゃんと考えて”と言っていた。脅迫以外に聞こえなかった。流出するのを恐れていたし、”彼らの機嫌を損ねてはいけない”との考えが大きかった」





撮影を自ら催促した理由について、ヤン・イェウォン「当時、経済的に困難だった。すでに恥ずかしい写真を撮られていたので、自暴自棄だった。私の人生は終わったと、自暴自棄になっていた」

カカオトーク公開後の世間の反応について、ヤン・イェウォン「知りもしないのに、あんな風に言われるのは耐えられない。全ては法廷で明らかになる」

(ソース:1)





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です