防弾少年団(BTS)のRM、米国での”Fake Love”歌詞変更を説明


Fake Love“の歌詞の一部[“내가(ネガ/私が)”や”니가(ニガ/君が)”]が、”2018ビルボード音楽祭“の際、変更された事について、リーダーのRMが説明しています。

防弾少年団(BTS)が24日、ソウルのロッテホテルで、発売したばかりのアルバム「Love Yourself: 轉 Tear」の記者会見を開催。

その席上、RMは歌詞について「初めて聴く方が多かったので、その部分を聴き、英語で捉えられると、誤解の余地がある。そのため、それを避けるため、サウンドに支障が出ない形で、歌詞を修正した」と、Nワードとの誤解を避けるためと説明しています。

防弾少年団(BTS)は5月20日(現地時間)、ラスベガスMGMグランド・ガーデン・アリーナで開催された「ビルボード・ミュージック・アワード(BBMAs)」に出席。新曲”Fake Love”パフォーマンスを初披露しましたが、歌詞の一部が変更され、ファンの間で話題になっていました。

(ソース:1)





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です