防弾少年団(BTS) – “Fake Love”、アメリカでは歌詞の一部が変更に?


防弾少年団が”2018ビルボード音楽祭“に出席し、ステージを行った際、新曲の歌詞の一部が変更されていたようです。

ファンによると、変更されたのは”Fake Love“のJ-Hopeとシュガのパートで、そこに出てくる”내가(ネガ/私が)”や”니가(ニガ/君が)”の部分が、変更されていたようです。

現時点で、BigHitからコメントは出ていませんが、Nワードとの誤解を避けるためと見られています。





この変更は、アメリカのラジオで流される音源にも適用されているようで、Army達がそのことについて米ラジオDJに質問。

これに応えたJJ Ryan氏によると、レコード・レーベル側から変更されたバージョンの”Fake Love“がラジオ局側に送られてきたとし、ラジオ局側に負担をかけずに、気兼ねなく”Fake Love”を流す事が出来るよう配慮したようです。また、そのことで、”Fake Love“のラジオ・エアプレイの機会を高めるとの判断もあるようです。


一方、防弾少年団(BTS)は5月20日(現地時間)、ラスベガスMGMグランド・ガーデン・アリーナで開催された「ビルボード・ミュージック・アワード(BBMAs)」に出席。新曲”Fake Love”パフォーマンスを初披露すると共に、トップソーシャル・アーティスト賞2年連続で受賞しています。

(ソース:1)





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です