帰国したダニエル(ワナワンの)の手に包帯、事務所がコメント


海外の日程を終えたカン・ダニエルが4月26日、仁川空港に姿を見せました。ところが、手に包帯が巻かれていた事から心配する声が挙がっていました。これについて、事務所がコメントを出しています。

ワナワンが所属するYMCエンターテインメントは同日午後、Newsenに「負傷ではない。ダンスの練習中に、靭帯が伸びて、包帯を巻いていた」「活動に支障はない」とコメント

(ソース:1)





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です