[ワナワンの放送事故] 科学研究所が映像を解析、”罵り言葉”に関する鑑定結果を発表


ワナワンが先日、放送中に “罵り言葉“を使用した件について、科学捜査研究所が解析結果を発表しました。

デジタル科学捜査研究所(CSI law)は22日、問題となっているワナワン放送事故の映像を解析し、ハ・ソンウンの発言に関する鑑定結果を発表

メンバーのハ・ソンウンが問題の放送の中で、放送に相応しくない”罵り言葉”や、性的な行為を示す単語を使用したとの指摘がなされ、これに、ハ・ソンウンのファンが、デジタル科学捜査研究所に問題の映像の鑑定を依頼していました。

デジタル科学捜査研究所は「(ハ・ソンウンが発言したとされる) “前もって、罵り言葉を使用しなきゃ”は、”前もって、このようにしなければ” と判断される。」と結論。また、罵り言葉については、”機械音” と判断、性的な行為を示す単語については、”答えろ” と判断されると結論付けています。

ハ・ソンウンのファンらは現在、名誉棄損で提訴の準備中と伝えられています。

(ソース:1)





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です