ワナワン、控室の露骨な会話が放送+事務所が謝罪


ワナワンの控室の会話の様子が、意図しない形で放送され、議論になっています。

Boomerang(ブーメラン)”でカムバックを果たしたWanna One (ワナワン)が3月19日、Mnetの「スター・ライブ」のネット生配信を行いました。

しかしながら、その放送の待機時の会話が、意図しない形で放送されたようです。


(シェアされた映像によると)

ダニエル「なぜ、僕達は精算を受けられないのか」、パク・ジフン「なぜ、僕達は20%だけの受け取りなのか」

オン・ソンウ「なぜ、僕達は寝られないのか」、パク・ジフン「どうしてスケジュールがハードなのか」

この他にも、パク・ジフンが自分の電話番号を言う場面や、サセンファン(熱狂的なファン)の車のナンバーを口にする場面もあったよう。またメンバーたちは、放送に相応しくない言葉を使っていたようです。


この事態に、YMCエンターテインメントは声明を発表し、「ワナワンを愛し、応援してくれているファンに心配をおかけし申し訳なく思う。」「同様な事が、今後発生しないよう慎重を期するようにします」

(ソース:1)





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です