“My Flower”の活動を終えたJBJ、解散について語る


My Flower“の活動を終えたJBJが、OSENのインタビューに応じています。

2018年2月某日行われたインタビュー、1年前JBJ結成のきっかけとなったMnet「プロデュース101」に出演していたメンバー達は、解散について心境を話しています。


高田健太「コンサートで”なぜ泣いたのか” っていうと、幸せな感情もあったけど、グループの最後が同時に心に浮かんだから。こんな美しい場面をいつまで見ることができるだろうか”、”いつまで、この舞台に立つことができるだろうか” と思ったら涙が出た」



キム・ドンハン「(解散)これを考えると、頭の中が複雑化するので、考えないようにしている。誰が、クビになる事を考えながら働きますか? 僕は、”今”を楽しく生きようとしている」



高田健太「続けたいです。僕達みんなそう思っている」、ヨングク「僕もJBJを続けたい。 グループ活動が本当に楽しいです。」

ノ・テヒョン「芸能人はいつ、どうなるか分からない。現在その状況に満足なら、その状況が続いてほしいと願う。他の芸能人も同じ考えを持つでしょう。そして、僕たちは今の状況に熱心に取り組んでいて、グループが続いたらいいと考えているんです」

クォン・ヒョンビン「活動延長したらいいですね。僕達、延長するんですか?もしかして、知っていらっしゃいますか?」とOSENの記者に逆質問していました。


(ソース:1)





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です