2PMのJun. K、飲酒運転により活動休止へ


2PMのJun. Kが10日、警察により飲酒運転で摘発されていたことが、13日に明らかになりました。当時車両には、Jun. Kが一人で乗っていたとし、血中アルコール濃度が免許停止の水準だったと伝えられています。


所属するJYPエンターテインメントは13日発表した声明の中で、「飲酒運転ついて心からお詫び申し上げます。本人も深く反省している」と飲酒運転の事実を認めています。

今後の活動について「全ての活動を中止する」としながらも、韓国外の活動は「海外のパートナーの意思を尊重」して決定する

また所属事務所として、「2014年から専属代行運転業者を指定し、対策を講じてきた」としながらも、「責任を痛感している」と話しています。

(ソース:1)





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です