現場に駆け付けた救急隊員、発見時のジョンヒョン(Shinee)の状態を明かす


12月22日放送のKBS2「芸能街中継」は、ジョンヒョン死去のニュースを扱い、当時現場に駆け付けた救急隊員にインタビューを行っています。

当時の現場の状況について、ジョンヒョンを発見した救急隊員は「煙が立ち込めていたので、換気させ、患者を探した。彼はベッドの横に倒れていた。到着した時、心臓の鼓動の動きはなかった」

ジョンヒョンは12月18日18時ごろ、ソウルのマンションで倒れた状態で発見。その後、病院に運ばれましたが、死亡が確認。警察は、自殺として処理し、捜査は終結しています。



(ソース:1)





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です