Shineeジョンヒョン、死亡する数日前まで新曲の作業をしていた


亡くなったShineeジョンヒョンが、死亡する数日前まで、新アルバムの準備をしていたことが明らかになっています。

ジョンヒョンは、12月9日と10日にオリンピック公園内のSKハンドボール競技場でソロコンサート「JONGHYUN SOLO CONCERT INSPIRED」を開催、その際、多数の新曲を披露していたとされます。

また来年1月には新アルバムをリリースし、カムバックを予定していたとされ、死亡数日前にはミュージックビデオの撮影をしており、ほとんどの作業は終わった状態だった模様。

関係者「発売日は分からないが、ジョンヒョンが、最近までソロ曲の作業をしていた」、「”音楽を愛するジョンヒョン” というコンセプトの曲で、明るい雰囲気の曲と聞いている。作業の時も、変な感じを受けなかった」

別の関係者も、新曲について「明るい雰囲気の歌」とし、「ミュージックビデオ撮影現場でも普通に見えた。そんなに大変な状態だという印象は全く受けなかった。」

(ソース:1,2)





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です