ジョンヒョン(Shinee)の友人、最後の会話の内容を明かす


頑張ったら、良くなるかな?」- シャイニーのジョンヒョンが友人A氏に尋ねた。

「病院に行くことを勧める」- A氏は病院での治療を勧めた。

ジョンヒョンは首を横に振り、「治療を受けているのに、良くならない….

12月18日夕方、Shineeのキム・ジョンヒョン(27)が、ソウルのマンションで心停止の状態で発見、その後病院へ搬送されましたが、しばらくして死亡が確認されました。

Dispatchがジョンヒョンの友人A氏に取材、生前のジョンヒョンの様子を明かしています。



A氏12月1日に会いました。依然として辛いと言っていた。でも、こういう風に終わるとは….」

ジョンヒョンは何で苦しんでいた?

A氏音楽だった」、「周囲の期待に応えられないと言っていた。もっとより上手になりたかったようですが、能力が不足していると感じていたよう」「年を取るにつれ、押されるようだと言い、苦しんでいた」

A氏によると、ジョンヒョンの一番、そして唯一の悩みは音楽だった

A氏「プライベートの問題はなかった。母親、姉との関係も良かった。ジョンヒョンには音楽しかなかったんです。 だけど、自分の実力が足りないとし、自分を責めていた」



A氏は、ジョンヒョンと交わしたSNSの会話の内容もDispatchに明かしました。

A氏「彼は友達が多かったけど、こういう悩みを打ち明けるのは大変なこと。私には本心を打ち明けていた。12月初めに関する話をしていた。乗り越えると信じていました」

A氏は続けて「睡眠剤なしでは、ほとんど眠れていなかった。一晩中、電話をしながら、眠ったりしていた。頑張って耐えていた。その日の会話が最後になるとは思わなかった」

「1日1日を、なんとか持ちこたえている感じだった。最後まで持ちこたえることを願っていた」

「もう全ての悩みから楽になり、ゆっくり休んで欲しい。」

(ソース:1)





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です