B.A.P “Hands Up” – デヒョン出演シーンに代役を使用、事務所が説明


B.A.Pの新曲“Hands Up“のMVにおいて、デヒョンのシーンには、クローズアップの場面を除いて、ほとんどのシーンで代役が使用されていた事が判明

これに、オンライン上では議論が起こり、ファンは理由について説明を求めていました。多くは、デヒョンが出演するミュージカル「2017 ALL Shook UP」のスケジュールのためと推察。しかし、後にミュージカル関連の日程が無かったが確認されたとしています。

これにTSエンターテインメント関係者は14日、xportsnewsの取材に「ミュージックビデオ撮影に、デヒョンの代役を使ったことは事実」とし、「しかしながら、デヒョンが個人日程のため、撮影を途中で抜けなければならなかった。負傷などの理由でなく、不可避だった」

「クローズアップ撮影だけでなく、グループ撮影の一部にも(デヒョンは)参加している」

(ソース:1)





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です