少女時代テヨンの追突事故、過失を認める+「愛犬は無関係」


11月28日にテヨンが起こしたとされる追突事故について、12月3日、警察がテヨンの聴取の結果を発表しました。

ソウル江南警察署の発表によると、12月2日20時ごろ、テヨンが20分に及ぶ事故に関する聴取に出席。テヨンはその中で、自信の運転不注意を認め、保険会社を通じて被害者への補償の手続きを進めていることを明かしたとされています。

また事故当時、一緒の車両に乗っていた愛犬について、事故との関りを指摘する声が一部で出ていましたが、それを否定しています。テヨンは「当時、生後3ヵ月のペットが車に乗っていたが、ボックスの中で大人しく寝ており、事故の原因とは無関係」と述べたとされます。

警察は今後、今回の事故を重過失に当たらないと見て、不起訴とする方針を決定する見通し。

(ソース:1)


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です