少女時代テヨン運転の車、追突事故+主張が食い違う


28日に江南で起きた自動車事故。テヨン運転するベンツが、玉突き事故を起こした件に関連して、29日不明な点や関係者間で食い違う点が出てきています。



事故当時、テヨンのアルコールの状況

結論として、飲酒は無かった。

事故後、現場に真っ先に到着した警察関係者は「テヨンの飲酒は確認されなかった」とOSENに話しています。また警察関係者(別人か同じ人物か不明)もchosun.comに「(アルコールの)測定の結果、飲酒は無いことが明らかになった」と話しています。

また飲酒測定が行われていなかったとする主張について

飲酒の事実(有無)が確認されて(1次検査のようなモノが行われる)、追加的にアルコールの程度(量)を測る検査が行われるのが通例として、テヨンは最初の検査で飲酒の事実がなかった。だから、詳しいアルコール測定が行われなかった模様

事故に巻き込まれた被害者が主張する「芸能人の特別扱い」について



事故の被害者と主張するAさんが28日、Instagramに事故に関する目撃談・主張を投稿。

そこでAさんは「ガラスが飛び散っていて、私達の身体についていた。なのにドライバーが有名人だったから、誰よりも先に救急車に乗せようとし、病院へ移送しようとしていた」「私達(被害者)が追突されたのに。(テヨンが最初に追突した)タクシーの運転手は首から血をながしていたのに」

これについて、江南消防署がOsenに「(テヨンが)芸能人だから、先に病院に移送しようとしたことは絶対にない。胸の痛みを訴えており、緊急を要すると判断した。 芸能人だからと、特別な待遇する理由もない」

「謝罪が無かった」

被害者だと主張するAさんとBさんがSNS上で主張。Aさんは「テヨンは”大丈夫ですか?” と尋ねたあと、肩をトントンと叩いて去って行った」。

謝罪があったのかなかったか、現在のところ不明

(ソース:1)







少女時代テヨン運転の車、追突事故+SMエンタ「テヨンの不注意だった」



少女時代のテヨンが11月28日に起こした自動車事故について、所属事務所SMエンターテインメントが28日22:30ごろにコメントを発表。テヨンの過失を認めています。またテヨンに怪我はない模様

「本日の午後7時40分頃、論峴洞(ノンヒョンドン) 付近で、個人スケジュールで移動中だったテヨン運転不注意により、交通事故が起きた。(テヨンが) 相手車両の運転手や乗客の方々に申し訳ない気持ちであり、事故対応に最善を尽くします」

テヨンの状態について -「テヨンは現在、事故に関する手続きの後、帰宅し安静にしており、怪我は無い状態。ご迷惑をおかけし申し訳ありません」



(ソース:1)




少女時代テヨン乗車のベンツ、ソウル江南で追突事故



テヨンの車が、追突事故

目撃者などによると、テヨンが乗るベンツが28日20時ごろ、ソウル江南で追突事故を起こす。

テヨンが乗っていたベンツが、前を走っていたタクシーに衝突、その衝撃によりタクシーが前のアウディに衝突、玉突き事故に



テヨンは20時10分頃、到着した救急車に乗り、近くの病院に搬送。胸の痛みを訴えていると報じられています。また、この事故でアウディの運転者1名とタクシーの乗客2名も怪我をし病院に運ばれた模様。

(ソース:1)





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です