Block Bのピオ、Super Juniorと活動時期が重なる事について「嬉しい」


7日、Block B(ブロックビー)が、6枚目のミニアルバム「Montage」のリリースを記念し、カムバック・ショーケースを開催

その席上、メンバーのピオは「1位を獲れたら良いけど」と前置きした上で、「ジコは、いつも(音楽チャートで)良い音楽より、カッコ良く、良い音楽を作る事に力を入れている。だからチャートに対するプレッシャーは少ない」

また、ピオは活動時期が重なる先輩グループSuper Juniorについても語っています。「正直、スーパージュニア先輩たちのファンで、一緒に活動することになって嬉しい」

Block Bは、同日、タイトル曲”Shall We Dance”のMVを公開。カムバックを果たしています。

(ソース:1)





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です