[The Unit] シャイニーのテミン号泣 – 親友ティモテオが登場


11月4日放送のアイドル再起プロジェクト「The Unit」、この日はテミンと小学生時代から友人だというHOTSHOTのティモテオが登場。「The Unit」の舞台で、審査員と参加者という立場で再会



HOTSHOT(ホットショット)は、2014年にデビューした6人組ボーイズグループ、Wanna One(ワナワン)のハ・ソンウンも所属

登場したHOTSHOTのティモテオホジョン、番組参加を決断した背景について、ティモテオ「デビューした時、大きな機会がなく、”失敗したアイドル”と見られた」、「メンバー2人(ハ・ソンウンなど)が 、”プロデュース101シーズン2“に参加し、機会を与えられた」「会社の状況も芳しくなく、僕たちを知らせる良い機会だと思い参加した」

パフォーマンスを披露する場面になり、2人はEXOの2017年夏のヒット曲 ”Ko Ko Bop“を披露。

観客には好印象だったようで、”スーパーブート(Super Boot)” を獲得。スーパーブートは、観客の90パーセント以上が支持した場合、先輩審査員の投票なしに「THE UNIT」に合流出来る制度



これにティモテオは「私の親しい友達(テミン)が、Rain先輩を見て歌手の夢を抱いた」「その友達(テミン)が、Rain先輩のダンスを踊るのを見て、私も歌手になりたいと思った」、「その二人の前で、良い結果を出す事が出来た。気持ちいい」と感慨深い様子

ここで、ティモテオとテミンが小学校の時から11年来の友達ということが明かされ、映像へ



事前に撮られた2人のインタビューが流され、2人は「ティモテオがSM練習生だった」ことや、当時よく「カイ(EXO)を加えた3人で遊んでいたこと」などが明かされました。



VTRのティモテオは、当時のテミンについて「僕が大変な時、僕が足りないと感じさせないように、優しくしてくれた友達」「いつかお返しをしたい」と語り、映像が終了。

スタジオに戻り、Rainテミンに発言を促す。感極まったテミンは、後ろを向き、収まるのを待つような仕草。親友を前に、感情を抑えるのは簡単では無かったようで、声を出して泣いてしまいます。



その後、落ち着きを取り戻し、「こんなに泣いたことはない」と切り出したテミンは「苦労したのを、そばでずっと見ていて応援したかった」「彼から助けられたから、(彼が) スポットライトを受けることが出来なくて残念に思っていた」とし、「友人が、この場で認められて嬉しい。誇らしく胸がいっぱい」と話していました。



(ソース:1)





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です