防弾少年団とユニセフがタッグ、暴力根絶を目指し「Love Myself」を開始


暴力根絶へ -「Love Myself」キャンペーン開始

11月1日、ユニセフ韓国委員会防弾少年団、所属事務所BigHitエンターテインメントが協同で、青少年の暴力根絶に向けたキャンペーン「LOVE MYSELF」を開始することを発表しました。

このキャンペーンで、防弾少年団とビックヒットは、まず”LOVE MYSELF”基金を構築、ユニセフ韓国委員会に5億ウォンを寄付。また今後2年間に渡り、「LOVE YOURSELF」シリーズのアルバム販売の利益の3%を寄付、キャンペーン公式グッズ販売の純利益の全額を寄付、さらに一般からの義援金などの寄付を通じて、ユニセフの暴力の根絶を目指す「エンド・バイオレンス」(#ENDviolence)キャンペーンを支援する計画であるとしています。

また、キャンペーン公式グッズが12月に披露される予定。詳細は公式サイトで:love-myself.org/eng/home/

(ソース:1)





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です