ラッパーSan EのRed Velvetアイリンに対する行動に批判の声


Red Velvetのアイリンの肩に腕を置き、あっかんべー

10月14日、韓国・ベトナム修交25周年を記念する音楽イベントが行われ、ラッパーのSan Eアイリン、GOT7のジャクソンが司会を務めました。そのイベントでのSan Eのアイリンに対する行動が、失礼だとして批判の声が挙がっています。

その様子を捉えたファンカムよると、アイリンがファンの方へ手を振る、San Eがそのアイリンの肩に腕を置き、舌を出しおどけた表情をします。それにアイリンはビックリした様子、その後すぐさま笑顔を作っています。



指さしながら、低俗な歌詞を歌う

さらに、San Eのパフォーマンス時の行動にも批判が出ています。
この日 “Sour Grapes” を披露したSan Eは、アイリンを指さしながら、次のような歌詞を歌っています

「君のInstagramの写真を見て
男性フォロワーは、自動的にテントを張る」



(コメント欄の反応)

「頭がおかしい? セクハラじゃないの? ㅋㅋㅋ 動画見たけど、アイリンがどう反応しているか気にしてない様子。年上で先輩だから、何しても良いと思っているんじゃない?」
「レドベルのファンとして本当に頭にくる。セクハラだけじゃなくて、低俗な歌詞をアイリンに対して歌って、RVファンをおちょくった」
「なんでラッパーってこんなのばっかりなの?」
「アイリンを口説こうとして、たぶんフラれたから、こういう行動に出ているんだよ」
「肩に腕を置くのも、他のアーティストのファンに舌を出すのも失礼だけど、より駄目なのは、汚い歌詞を指さしながら女性に対して歌うこと」
「彼の普段の女性に対する見方を表しただけ」



(ソース:1)





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です