防弾少年団のジミン「(僕のデビューに) 反対する声が多かった」


21日放送された防弾少年団の「BTS カムバック・ショー DNA」、その中でメンバーのジミンが、自身のデビューについて「反対する人が多かった」と告白しています。



デビュー当時を振り返ったジミンが「僕を反対する声が多かった」と話し、ほかのメンバーが「公式デビューの2日前に切られるところだった」とギリギリのデビューであった事を証言

またジミンは「僕のおかげで防弾少年団が完成した」と冗談を言いつつ、「釜山で、それまでの事を捨て、ソウルにやって来た」とし、「いつ追い出されるか分からず、怖かった」と当時の心境について率直に話していました。



(ソース:1)





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です