防弾少年団「収録曲”Mic Drop”はオバマ元大統領から影響を受けた」


新アルバムの収録曲” MIC Drop“について、元アメリカ大統領のバラク・オバマに影響を受けた事を明らかにしました。

新アルバム「Love Yourself 承 ‘Her’」が発売される18日、防弾少年団が記者会見を開きました。メンバーのラップモンスターがアルバム収録曲 “MIC Drop“について説明。

ホワイトハウスで行われた記者との夕食会の場で、オバマ元大統領のマイクを落とすパフォーマンスに触れたラップモンスターは、「”私のスピーチ良かったでしょ?”という意味が込められたパフォーマンス」と話し、「トラックには、僕達のSwagや熱意がいっぱい入っている」とし、「オバマ大統領のパフォーマンスに影響を受けた」と説明していました。



(ソース:1)





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です