ビッグバンT.O.Pと大麻を吸引した元練習生「私が強引に勧めたことはない」- 初のインタビューに応じる


元練習生のハン・ソヒが、K-Starの取材に語っています。騒動後メディアのインタビューに答えるのは初



18日、控訴手続きのため裁判所を訪れたハン・ソヒ、手続き終了後、記者の取材に応じました。

「自分の犯した罪を認めて、行動を反省しています。」と話したハン・ソヒ、記者に事実と異なる事はあるかと尋ねられ、「私ではなく、相手(TOP)が勧めてきた」とし、「私が強引に勧めたことはない。その電子タバコは私のではない」と記者に話しました。

ハン・ソヒによると、T.O.Pが、自らポケットの中から電子タバコを取り出し、その電子タバコには大麻が入っていたとしています。

「彼より私の方が失うものが少ない、彼は失うものが多い。だから、私に押し付けてきた」と述べ、「たくさん不公平に思うことはある。だけど、私が説明しても誰も信じない」、「だから何も話さないで進む方が良いと思っている」



一方、T.O.P側は、「T.O.Pは控訴をしていないので、裁判は終了している」とコメントしています。

ハン・ソヒは、6月に受けた判決を不服として、控訴。現在、控訴の手続き中だとしています。



(ソース:1)





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です