SHINee オニュ – クラブでのセクハラ報道、詳細なレポートが掲載

オニュ


12日、SHINeeメンバーのオンユが、クラブで女性の身体を触った疑いで警察の取り調べを受けていた問題、その後、被害者が訴えを取り下げ、オンユが所属するSMエンタも声明を出し、”誤解” と説明していました。

Dispatchが、関係者からの証言を基にした、時系列の詳細なレポートを掲載しています。


(全て12日に起きた事 / 被害を訴えていた女性を “女性A” /)

5:30オニュは、5人の友人と江南にあるクラブを訪れる

その時すでに酒に酔っていたオニュ目撃者Bは「友達の誕生日だと聞いていた。オニュはシャンパンのボトル2本を注文、友人たちと盛り上がりながら飲んでいた。」と話し、すぐにボトルは空になり、ふらつく程酔っていたと目撃者Bは話しています。



6:30オニュと女性Aの最初の接触

上手くバランスが取れないオニュ、ふらつきながら女性Aの脚を掴む。目撃者B「ほぼ意識が無い状態だった。おそらく転倒し、女性Aの身体に触れたのだろう」

女性A「どうして触るの」とすぐさま反応、オニュの友達は「ごめん、わざとじゃないんだ。酔ってて」と女性Aに説明


6:50オニュと女性Aの2度目の接触

もはや自力で立つ事が出来ないオニュ、テーブルに座ろうとし、女性Aの脚を再度掴む。クラブの従業員女性Aは、オニュが居るテーブルの上にある台の上に居た。だから、彼女にぶつかり続けていた」、目撃者B「(オニュは)立つことも出来無い状態。座ろうとし脚を掴んでいた。柱だと思っていたのでは」



7:00警察へ通報

知り合いが、重ねて謝罪し、意図的ではないと説明したが、女性Aは、オニュがわざと触っていると判断。女性Aが警察へ通報、セクハラの被害を訴える。
警察がオニュに尋問、目撃者B「彼は、全く質問に応えることが出来ていなかった」と応えられる状態ではなかった様子


7:40オニュ、女性A、目撃者Bと警察署へ

女性Aは警察に「オニュが私の体を2度触った」と話す。

目撃者Bオニュは意識が無い状態。(本人は)質問に答えることが出来ず、知人が誤解だと説明していた。私も目撃した事を説明した」

(関連:クラブに駆け付けた警官「(SHINeeの) オニュは大人しかった」)


(ソース:1)





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です