Wanna Oneのダニエル 「(チャオルとのダンス) 緊張で震えていた」


8日放送のSBS「本格芸能 真夜中」に、Wanna Oneのパク・ジフン、ファン・ミンヒョンと共に出演したカン・ダニエル、2015年のFiestarのチャオルとのダンスについて触れ、”すごく緊張していた“と話しています。

(関連:Wanna Oneのミンヒョン 「毎日が楽しい」「メンバーと丸鶏10羽を思う存分食べた」)


2015年の番組「秘密兵器彼女」で行われたパフォーマンスは、FiestarチャオルとSPICAのパク・シヒョンがオム・ジョンファの「invitation」を披露するというもの。当時バックダンサーと参加していたダニエル、その時について –



ダニエル「女性とダンスするのが初めてだった。すごく緊張して震えていた」とし、 「彼女を抱きしめるパートで、こういう風に震えていたんだ。」と語り、手の震えを再現していました。ここでパフォーマンスを見たというファン・ミンヒョンは「動画みると、よく分かる」と話していました。

Wanna Oneは、8月7日にペンタゴンのフイ作曲の “Energetic” で正式デビューをしました。

(ソース:1)





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です